ページの本文へ

導入事例紹介

ビッグデータ×AI(人工知能)

ダイキン工業株式会社は、日立のIoT プラットフォーム「Lumada」のソリューションコア
「画像解析システム」などを活用し、空調機の製造に欠かせない熟練ノウハウのデジタル化に着手。
日立とともに技能の底上げとグローバル人財育成によるデジタルファクトリーの実現に向けた協創を進めています。

ダイキンと日立の協創で、“匠の技” を世界に

詳細はこちら
「事例動画」はこちら
YouTubeのページにリンクしています

オークマと日立の協創で、多品種少量での高効率生産を実現する次世代ファクトリー

次世代のモノづくりプロセスの革新をめざすオークマと日立は、IoT活用による
マスカスタマイゼーション対応の先進モデル確立に向けた協創を開始。
2017年5月、オークマの新工場「Dream Site2」において、「工場制御周期の高速化」と
「生産の見える化の進化」における共同実証をスタートしました。

詳細はこちら
「事例動画」はこちら
YouTubeのページにリンクしています

東京急行電鉄株式会社は、2016年10月から、鉄道利用者向けの新しい情報提供サービスを開始しました。
それが、駅の混雑状況などを画像で配信する「駅視-vision(エキシビジョン)」(*1)です。
日立の人流分析技術をベースにしたこのサービスは、各駅のリアルタイムな人の動静を伝えることで、
乗車時間の調整や迂回ルート選択などの判断に役立ててもらうことを狙いとしています。
サービス誕生の経緯と、今後めざすものについて聞いてみました。

東急電鉄と日立の協創で、「ユーザ―視点のサービス開発」を

(*1):駅視-visionは東京急行電鉄株式会社の登録商標です。

詳細はこちら
「事例動画」はこちら
YouTubeのページにリンクしています
関連リンク:公共向け人流計測(IoTプラットフォーム Lumada)

第一生命保険株式会社と日立が「InsTech」によるイノベーション創出をスタートさせました。
その第1弾が約1,000万人の医療ビッグデータの分析による「生活習慣病に起因する将来の入院可能性と
その日数を予測する定量評価モデル」の開発です。
これにより、従来なら健康状態を理由に加入できなかった保険や特約の引き受け基準が見直され、
加入範囲を拡大できます。
今後も顧客要望にきめ細かく応える商品開発やサービスの拡充が期待されています。

第一生命と日立の協創で、生命保険事業にイノベーションを

詳細はこちら
「事例動画」はこちら
YouTubeのページにリンクしています

製造業

有明機電工業株式会社さま

販売管理・生産管理システム Hi-PerBT KIT3
株式会社日立ソリューションズ西日本

リアルタイムな情報管理と処理能力改善を実現

有明機電工業株式会社さま

導入前の課題

  1. オフコンサーバの老朽化対策をしたい。
  2. システム依存化した内部統制と処理能力の迅速化を図りたい。
詳細はこちら
2011年2月掲載
製造業の導入事例一覧はこちら

卸売業、小売業

株式会社和光さま

クラウド型 販売管理システム Hi-PerBT KIT3/クラウド
株式会社日立ソリューションズ西日本

障害発生=業務ストップの危険な状態!オフコンからの脱却。

株式会社和光さま

導入前の課題

  1. 長年使用のオフコンの保守部品提供が困難になった。
  2. 業務への支障をきたさないよう、新サーバへの移行が急務。
  3. 現状システムの手入力業務におけるデータ精度の問題。
詳細はこちら
2012年9月掲載
卸売業、小売業の導入事例一覧はこちら

その他業種

株式会社JR博多シティさま

お客さまの声管理システム Hi-PerBT SmartKIT
株式会社日立ソリューションズ西日本

お客さま満足度の高いサービス提供を目指して、お客さまの声の「見える化」を実現

博多ターミナルビル株式会社さま

導入前の課題

  1. 急増したお客さまの声の管理徹底と情報共有が課題になった。
  2. 既存の仕組みでは、従業員一人ひとりがお客さまの声を共有・活用することが困難であった。
  3. 貴重なお客さまの声を設備やサービスの改善に活かしていくための「新たな仕組み」が必要となった。
詳細はこちら
2012年9月掲載
その他業種の導入事例一覧はこちら